<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.04.18 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

春の嵐

風の中 花吹雪 舞うように
思い出が満開


坂道を降りたところに桜の木が一本だけ立っていた。コンビニからの帰り道。
あたしは先生のほうを振り返って頭上を指差した。
「見て、満開」
もう少しふたりだけでいたかった。理由はなんでもよかった。先生が立ち止まってくれたことにあたしは嬉しくなった。
オレンジ色の街灯で桜の花はより柔らかく見える。ずいぶんと長い間、あたしたちはそこに立っていた。あたしは先生の横顔ばかりを見ていた。この人ともっと一緒にいたいと思った。もっと何時間も、とかではなく、もっと。明日も明後日も、よりもっと。ずっと、思っていた。最初からずっと。
「ずっと一緒にいようよ」
あたしはしらふで言った。
天気が良くて風が強くて寒くて、あたしたちは酔狂で、何もかもがばかばかしくて幸福すぎた。


あれからちょうど2年。また同じように桜が咲いている。あたしは同じ日を思い出す。
数日前に先生から電話がかかった。11月以来。スマホの画面が光り、ほどなくして留守電に切り替わった。あたしはそれをじっと見ていた。
「ひさしぶり。特に用事はなかったんだけどね」
20秒のそのメッセージをあたしは何度も聞いて、とっくに諳んじてしまった。そしてわざと思い出す。先生の色々を強引に思い出してじたばたしてみる。何でもいいから先生に翻弄されていたい。

先生を好きで仕方がない。未だにどうしようもない。もうどうしようもない。先生が他の誰を好きでも、あたしは先生が好きで本当にどうしようもない。
いい音楽に出会ったら伝えたい。いい映画に出会ったら伝えたい。いい音楽じゃなくてもいい映画じゃなくても伝えたい。あのアルバム期待してたけどいまいちだったなァとかでも話したい。なんでも言いたい。毎日思う。今してる勉強がとても楽しいとか、もうすぐセレスティーナがイタリアから帰ってくるよとか、今日洗濯物干してたら網戸がはずれてさぁとか、本当は色々話したい。昔みたいに、話し疲れて眠くなるまで喋っていたい。側にいても離れてても近くにいたい。年月なんてあてにならない。時間が経っても忘れるわけがない。もう恋とか愛とかじゃないかもしれないけど、なんか、ただ、訳のわからない、すごい衝動。そして、もう、どうしようもなくて、ただ、途方に暮れてしまう。


先生よりも大切な人はたくさんいるけど、あたしは先生を好きなままで変われない。
「好きなだけ話せばいいし、会いたければ会いに行けばいいよ」
あたしの大切な人はそう言う。
すぐに忘れるよ、と言う。

またあなたに逢えるのを楽しみに待ってさようなら

あの時、先生が忘れていったデジカメは小さな茶色い紙袋にずっと入れたままにしてあった。スカイツリーで買ったおみやげと一緒に。




「なんでもするから、お願いだから中身見たりしないで!」


先生は慌てふためいて言った。


「なんでもする?」


「うん、ホント、なんでもするからさぁ」


(じゃあ


床の上に体育座りをしてあたしは喉元まで出かかった言葉を必死で止めた。


バカみたいなこと、本当に言いそうになって悲しかった。そんなことを言ってもどうしようもない。本当にどうしようもない。あたしだってホントは願ってなんかいない。


深呼吸をしてあたしは明るい声で言った。




「じゃあ、新しい曲を書いてよ、ミクに歌わせるから」




しばしの沈黙の後、


「わかった。書くよ。夏までに書くよ。絶対書くよ。新しいデジカメあるからもう別にいらないんだけど、そのデジカメと曲を交換しよう」


テンション高めの返事が返ってきた。








あれからもうずいぶん経った。


街はもうクリスマスの準備をし始めている。季節も変わってしまった。あたしは変わらないままで、変わってしまった。


「今でも先生のことが好き?」


まりちゃんが聞いた。


「うん」


即答だった。


「そうだよね、無理に忘れなくていいよ。忘れようとしないほうがいいよ」


あたしは黙った。


忘れる?


忘れるって何?


先生のこと、忘れようと思ったことなんて1度もない。忘れたいだなんて思ってない。実際、毎日いろんな場面で先生のことを思い出してしまうけれど、それだって悲しかったり淋しかったりする訳じゃない。ただ、「あぁ、そうか、先生か」って、少し、思うだけだ。






昨日の夜、電話が鳴った。


驚いた。驚きのあまり手にした携帯を投げ出してしまいそうになった。


「ひさしぶり。元気?」


4ヶ月前と変わらない先生の声がする。あたしはホッとした。嬉しかった。どうして声を聞くだけでこんなに心が癒されるんだろう。音楽のボリュームを下げて先生の声に集中した。


「ごめん俺


突然の低い声にあたしは恐れおののいた。鼓動が急に早くなった。


いつも先生はこうだ。あたしの心臓を止めてしまうような喋り方をする。例えば「なぁ」と呼びかけた後に、たっぷりと間を空けるとか、言いかけたことを「やっぱいいや」で終わらせてしまうとか、不意にあたしの名前を呼ぶとか。いつもギリギリのあたしを追いつめるには充分すぎる喋り方。


「曲、書くって言ったんだけど」


あぁ、それか。


「俺、書けないと思うんだ


あたしはガッカリするよりホッとした。


最初から、本当に先生が曲を作って持ってくるとは思ってなかった。適当で屈託のない先生の性格をあたしはよく知っている。嘘をつくつもりではないけれど、結果的にそうなってしまう。何度も身を以て知っていた。


「いいよ、別にもう書かなくても。カメラも返すし」


申し訳なさそうに喋る先生に胸が痛んで慌てて言うと、すごく意地悪な言い方になってしまい余計に胸が痛んだ。そういうつもりじゃないのに。


「私生活で色々あってテンションがすごく下がっててさ


そう言う先生は本当にテンションが低い。あたしは泣きそうになった。


負の感情を先生とは共有したくなかった。今までもずっと、なるべくしないように努力してきたつもりだった。友達と負の感情を共有したくない、という訳ではない。先生とはしたくなかったんだ。してしまったら、もっと甘えたくなるし、もっと慰めたくなるし、もっと近くにいたくなる。そしてきっと自分の立場を忘れて何がなんだか訳がわからなくなってしまう。




「話してたらモチベーション上がってきたよ。曲も、かけるかもしれない」


最後に先生はそう言った。


あたしはもちろんそれを信じるわけではないけれど、でも、あのデジカメは、変わらずそこに置いたままにするだろう。










あたしは先生を好きだけど、たぶんずっと好きなままだけど、そのうちきっと忘れてしまうだろう。忘れようとしなくても、忘れたくなくても、忘れてしまうだろう。でも、そうすればきっとまた会える。


なくさないわ。


答えは無限大

 「ちゃんと話すから、ちゃんと聞いて欲しいの」
前日、あたしの話をはぐらかした先生に電話をかけて、あたしはゆっくりと言った。
「ちゃんと聞いてね?」
あたしは体育座りをして、自分の裸足のつまさきをみつめながら言った。今でも鮮明に覚えている。とても忘れることなんか出来ないあの時の会話。去年の12月、ライブと遊園地とショットバーとファミレスをハジゴして先生と別れた、その数日後のこと。
「うん。ちゃんと聞くよ」
とても穏やかな声で先生は言った。それだけであたしはもう泣き出しそうになった。あたしが何を言うか先生はもうわかっていたと思う。今更こんなことを言うべきじゃないことも、本当は先生がそれを聞きたくないことも、お互いにわかっていた。それでも言葉にしてしまわなければ、あたしは本当に潰れてしまいそうだった。先生が好きで、何もかもが先生で、毎日あたしはバカみたいに先生の夢を見過ぎて、バカみたいに一喜一憂しすぎて、死んでしまうと思った。尊敬と憧れと緊張と興奮と嫉妬と期待。その感情の嵐で。
「…せんせ?」
「…うん?」
一言一言がとても重たい。
「…あたし、先生のことがすきなんだ」
「……うん。…ありがとう」
「……先生、先生は? あたしのことが、すき?」
「……うん。…好きだよ」
まばたきの音が聞こえてしまうくらいにあたしはバサバサとまばたきを繰り返した。嬉しかったからじゃない。どうしていいかわからなかった。こんな質問をするんじゃなかったと思った。どう答えられてもたまったもんじゃない。確かに先生はあたしを好きだと言った。でも、だから、それがどうだっていうんだろう。どう足掻いたってあたしは彼女の足元にもおよばない。心は闇。
それでも、それはそれで良かった。先生はあたしの気持ちを物理的に知ってくれた。その上で、あたしと一緒に居たいと言ってくれた。恋愛云々ではなくて、人間として。確かに亜美の作っていく未来は不知顔だけど、また一緒に笑ったり飛んだり大きく驚いたりしていきたいと。
「先生はあたしが死んだら泣く?」
「……。は。ばかか?」
神様なんていない。
あたしはこういう手段で永遠に先生を手に入れるんだった。

「先生と生徒」から「友達」

ガストにたどり着いたのは午後11時で、あたしたちはすっかり疲れ果てていた。午後から天気は良くなったけど星は見えない夜だった。店内は明るすぎて逆に気分は暗くなった。あぁ、そっか、もうすぐ帰らなきゃいけないんだ。そう思うと途端に食欲がなくなった。先生の顔もまっすぐに見ることができない。

「どうかした?」
向かいの席に座った先生があたしの視線の先を探して振り返りながら言った。
「お酒飲んだから眠たいだけよ」
嘘をつくのは得意だけど、わざと視線を泳がせて、わざとぎこちなく微笑んでみせた。窓の外にショッピングセンターの看板が見える。赤いネオンが頼りなさ気に光っていた。視線の持って行き場が他になかったあたしは、それを一文字ずつ何度も何度も目で追って読んだ。

今日のデートが終わっても、あたしたち、また会えるのかしら。
当たり前だ、友達だもの。
自問自答して悲しくなった。あたしたち「友達」。 「友達」だと先生はあたしに言った。卒業してから「先生と生徒」ではなくなったけど、それは「友達」に変わっただけ。
男と女であることはとてもめんどくさい。あたしも男だったらよかったと先生に出会ってから何度も思った。あたしが男ならきっともっと先生と仲良くなれるし、きっともっと一緒にいられる。また会えるかどうか心配になったりしないし、お互いの恋人の話もできる。だけど、どれだけ願ってもあたしは女であることに変わりはないし(いくら中身が男っぽくあっても)、それに決定的な悲劇は、あたしが女の感情で男の先生を好きなことだった。それはもう呆れるほどひたすらに。だから、本当に、どうしようもない。

運ばれてきたものを食べ終わっても、あたしたちは席を立たなかった。お互いほとんど口も開かなかった。先生がテーブルの上の煙草に手を伸ばす度にあたしの心臓は止まりそうになる。それをポケットに仕舞って立ち上がるのか、それとも火をつけるのか。煙草に火がつくとあたしはバカみたいに胸をなでおろす。
よかった。まだ一緒にいられる。


この前の夜は、髪を撫でて頬に触れた。雨が降っていた。先生はあたしが選んだネクタイをしていた。ストライプのナロータイ。伊勢丹で買った。亜美が選んだのにするから決めてよ、と先生が言ったんだ。


悪いことをしたからって、それがそんなに悪いことだろうか。
側にいたくて、触れたくて、どうしようもないのに。
こんなにも近くにいるっていうのに。


ショッピングセンターのネオンが消えた。壁の時計を見ると12時を指していた。
ゲスの極み乙女の曲がどうだとか、妹の友達がどうだとか、あたしがつけている薔薇のピンがかわいいとか、先生の髪の毛がライオンみたいだとか、もう眠いとか、もう疲れたとか、そんなどうでもいいことをあたしたちはポツポツと話していた。先生はさっきから煙草を吸いすぎていて、あたしの心臓を何度も直撃する。
「眠いから顔洗ってくるわ」
そう言って先生は席を立った。あたしは面食らった。なにそれ、意味がわからない。全然わからない。泣きそう。早く「帰ろう」って言ってくれたらいいのに。そしたら帰れるのに。一緒にいたいけど、もう帰りたいわ。帰りたいけど、帰りたくないけど、もう帰りたい。

結局店を出たのは1時半で、息苦しさに耐えられなくなったあたしが、帰ろう、と言ったんだった。先生はホッとしただろう。同じようにあたしもホッとしたけれど。

「またね、おやすみ」
それだけ言って車を降りた。振り返るもんかと思った。絶対に振り返るもんか。

部屋に戻って床にぺたんと座って、さっき先生にもらった白いライター(昼間に行った遊園地の帰りに先生が買ったもので、帰り際にあたしがねだったもの)を取り出して無駄に火を付けてみた。そしたら今まで我慢していた涙が出てきて止まらなくなった。


窓の外はもう明るい。いつのまにかもう朝だ。
かばんの中に先生のデジカメが紛れ込んでいて、あたしは、あぁ、よかった、これでまた電話する言い訳ができる。あぁ、よかった、しあわせだなぁって、そう思うんだった。

ラブ撃沈

100404_1922~01.jpg
今電車…
もう帰る…
てか帰宅途中…


大人ってずるい…

へこみ亜美は立ち直れるまで封印します。
桜がきれいでしたよ。

Loveドッキュン

10004001_1646~01.jpg
お前のこと好きだけど…俺、先生だから…



なんてことはなくて(-.-)

昨日学校に行ってラブ先生に会えました(^o^)

「先生んち遊びに行っていい?」
「いいよー」


にゃっはーー!!!


「いついついつ!?」
「いつでもー。土日は休みたいから月曜日?昼間?」


にゃっはーー!!


月曜日行く!!!
家知ってるもん!!!
でもストーカーじゃないよ…(>_<)


にゃっはーー!!!


にゃっはーー!!!


頑張って宿題早く終わらせる!!!
やる気出る!!!

あーん嬉しいんです(*^o^*)



…堂島ロール美味しくて食べちゃった(-_-;)

恋の予感☆

放課後、うちのクラスにアメリカから来てた留学生のお別れパーティーを教室でしました☆
5月頃からずっと日本にいるからもう日本語ペラペラだよ。変な部分はあるけど。それ覚えて帰っちゃダメだよってのもあるけど(笑)
最初は彼女まだ全然話せなかったのになぁ。やっぱりその土地にずっと住んでると変わるよね。当たり前だよね。私も留学したい!英語話せるようになりたいのももちろんだけど、その土地の文化とか風習を知るのが楽しそう。

わたし中学の時に2週間オーストラリアにホームステイしたけど、2週間じゃ良くわかんないよぉ(>д<)
とりあえず、野生コアラ見ました☆でも思ったよりコアラかわいくないよ(-_-)ステイ先のワンコがいちばんかわいかった(笑)


お別れパーティーで黒板に花とか付けて絵を描いてたりしたんだけど、その時、私の好きな先生が
「結婚かぁ…、俺も結婚したいなぁ…まず相手…」
ってつぶやいてた!
きゃああああ!
先生彼女いないんですか!
ああああたし!
あたしが!
異常にドキドキしました(*´∇`*)
どうしよこれ。

帰りにこの前の火傷の病院行ってきました。今日からお風呂入れるって前回言われたのに、やっぱりダメだって(´Д`)
いつもありえない恰好でシャワーあびてます。体が柔らかくて良かった〜。

明日は1日、バレンタイン用のお菓子を作る予定です☆
楽しみ〜〜!!
あぁどうしようドキドキ(>_<)

おなかすいた…

1

Twitter Updates

amippoidoをフォローしましょう

search this site.

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

  • 3時の感じにもたれて
    だいじん
  • ハタチーハタチハタチー
    ほたて
  • ハタチーハタチハタチー
    グレーテル
  • 学校始まりました
    daij1n
  • オボカフェでカレー
    亜美
  • 映画「ソラニン」
    亜美
  • スイートマジック踊ってみたのNG編
    亜美
  • スイートマジック踊ってみたのNG編
    みっく
  • 合格しました!
    亜美
  • 合格しました!
    亜美

links

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM