<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.04.18 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

春の嵐

風の中 花吹雪 舞うように
思い出が満開


坂道を降りたところに桜の木が一本だけ立っていた。コンビニからの帰り道。
あたしは先生のほうを振り返って頭上を指差した。
「見て、満開」
もう少しふたりだけでいたかった。理由はなんでもよかった。先生が立ち止まってくれたことにあたしは嬉しくなった。
オレンジ色の街灯で桜の花はより柔らかく見える。ずいぶんと長い間、あたしたちはそこに立っていた。あたしは先生の横顔ばかりを見ていた。この人ともっと一緒にいたいと思った。もっと何時間も、とかではなく、もっと。明日も明後日も、よりもっと。ずっと、思っていた。最初からずっと。
「ずっと一緒にいようよ」
あたしはしらふで言った。
天気が良くて風が強くて寒くて、あたしたちは酔狂で、何もかもがばかばかしくて幸福すぎた。


あれからちょうど2年。また同じように桜が咲いている。あたしは同じ日を思い出す。
数日前に先生から電話がかかった。11月以来。スマホの画面が光り、ほどなくして留守電に切り替わった。あたしはそれをじっと見ていた。
「ひさしぶり。特に用事はなかったんだけどね」
20秒のそのメッセージをあたしは何度も聞いて、とっくに諳んじてしまった。そしてわざと思い出す。先生の色々を強引に思い出してじたばたしてみる。何でもいいから先生に翻弄されていたい。

先生を好きで仕方がない。未だにどうしようもない。もうどうしようもない。先生が他の誰を好きでも、あたしは先生が好きで本当にどうしようもない。
いい音楽に出会ったら伝えたい。いい映画に出会ったら伝えたい。いい音楽じゃなくてもいい映画じゃなくても伝えたい。あのアルバム期待してたけどいまいちだったなァとかでも話したい。なんでも言いたい。毎日思う。今してる勉強がとても楽しいとか、もうすぐセレスティーナがイタリアから帰ってくるよとか、今日洗濯物干してたら網戸がはずれてさぁとか、本当は色々話したい。昔みたいに、話し疲れて眠くなるまで喋っていたい。側にいても離れてても近くにいたい。年月なんてあてにならない。時間が経っても忘れるわけがない。もう恋とか愛とかじゃないかもしれないけど、なんか、ただ、訳のわからない、すごい衝動。そして、もう、どうしようもなくて、ただ、途方に暮れてしまう。


先生よりも大切な人はたくさんいるけど、あたしは先生を好きなままで変われない。
「好きなだけ話せばいいし、会いたければ会いに行けばいいよ」
あたしの大切な人はそう言う。
すぐに忘れるよ、と言う。

スポンサーサイト

  • 2016.04.18 Monday
  • -
  • 15:54
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitter Updates

amippoidoをフォローしましょう

search this site.

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

  • 3時の感じにもたれて
    だいじん
  • ハタチーハタチハタチー
    ほたて
  • ハタチーハタチハタチー
    グレーテル
  • 学校始まりました
    daij1n
  • オボカフェでカレー
    亜美
  • 映画「ソラニン」
    亜美
  • スイートマジック踊ってみたのNG編
    亜美
  • スイートマジック踊ってみたのNG編
    みっく
  • 合格しました!
    亜美
  • 合格しました!
    亜美

links

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM